2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« レーザーボアサイターを使ったスコープ調整 | トップページ | AndroidでWindowsPCに外出先からリモートデスクトップ »

Aim-O Aimpoint CompM4スタイル ドットサイト

Aimo_compm401


Aim-OというメーカーのAimpoint CompM4レプリカです。

Aim-Oは、軍用ドットサイトのレプリカ品を中心に製造するメーカーで、数年前に国内にも入ってきていましたが、最近はあまり見かけないですね。ちょっと珍しい物かも。ご紹介します。

Aimo_compm402


バトルキャップ付きです。他にクリーニングクロスが付いています。キルフラッシュが付属しないのが少し残念です。


Aimo_compm403


この製品は無刻印です。唯一、ドットの輝度にのみ数字が刻印されています。ドットはメーカーサイトではレッド、と記載されていますが実際は、レッド・グリーンの2種です。それぞれ2段階の調整が可能です。

Aimo_compm404


側面です。プロポーションは良いのではないでしょうか。まずまずの再現性かと思います。マウントに穴が7個ありますが、実物も7個みたいです。穴のないマウントもあるみたいですね。


Aimo_compm405


反対側面です。やはりAimpointの刻印がないのは寂しいですね。しかし商標なのでやむ得ないところかと。

マウントを固定するネジがオリジナルと異なる点が残念です。実物は手で締め込むタイプで締めすぎると空回りするように工夫されています。ここは再現してほしかった。

Aimo_compm406


対物レンズです。鏡のようにキレイに反射します。レンズにはしっかりコーティングされています。ただし実物のコーティングとは違うようです。しかしレプリカとして高評価ではないでしょうか。


Aimo_compm407


接眼レンズです。クリアな映像で特に違和感はありませんでした。これと言った文句はありません。


Aimo_compm408


最後にドットの状態です。レンズ内の写真なのでドットが薄くなってしまいましたが、実際は写真より明るいドットです。

以上、Aim-O CompM4の紹介でした。

次回は、もう1つ手元にAim-Oの製品がありますので、そちらをご紹介したいと思います。

« レーザーボアサイターを使ったスコープ調整 | トップページ | AndroidでWindowsPCに外出先からリモートデスクトップ »

トイガン:スコープ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« レーザーボアサイターを使ったスコープ調整 | トップページ | AndroidでWindowsPCに外出先からリモートデスクトップ »