2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« マルゼン TYPE-U その2 | トップページ | WA ベレッタ M92F その1 »

東京マルイ VSR-10 その2

15042402

東京マルイ VSR-10のカスタマイズがほぼ終わりました。

15042403

外装は、アウターバレル、レシーバー、シリンダー、ボルトハンドルをカスタムしています。


15042404

アウターバレルはノーマル品ですが、トロピカルフレックで塗装しました。デザートイエロー、ダークアース、ダークグリーンです。さらにフラットクリアーで保護しておきました。
一応、限定品のDEストックに塗装するのは気が引けたこともあり、手を付けていません。
実際、遮蔽物から出ているのはほぼバレルなので効果はそれなりにあるのかな?と思っています。


15042405

レシーバーはPDIのワンピースレシーバーです。
シリンダーはブラックになっていますが塗装では剥がれる恐れがあるので、フィルムを張り付けました。3MのDI-NOC Filmというものです。少し厚みのあるフィルムですので、ノーマルレシーバーに対応できるか不明です。


15042406

ボルトハンドルは、気味の悪いほどのパーティングライン、というかバリと言って良いものがありましたが処理しました。
これだけで随分高級感が出ます。

マウントはA&K M24から持ってきたもので、LayLaxのお高いマウントと形状は同じです。

レシーバーに少し問題があって、微妙に太いんです。結果、トリガーが通常より上に来てしまいました。操作上の問題はありませんので、そのままにしてあります。


15042110

最後に内部パーツです。チャンバーはPDIのワンピースチャンバーです。
トリガーはLayLaxゼロトリガー、シリンダー内にハイプレッシャーピストンが入っています。
シリンダーの黒い部分がフィルムです。レシーバーはワンピースです。
が、この組み合わせでは、ボルトハンドルがレシーバーに干渉し、ボルトが閉鎖できなくなります。
干渉するのは1mm程度ですので、ボルト側を削って調整しています。レシーバーはジュラルミン製で削れません。

PDIワンピースチャンバーなのでインナーバレルは電動ガン用ですが、509mmを付けてみたらスピード違反になりましたので、330mmにしてあります。これでも0.2gで90m/s~95m/sです。

« マルゼン TYPE-U その2 | トップページ | WA ベレッタ M92F その1 »

トイガン:VSR10」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マルゼン TYPE-U その2 | トップページ | WA ベレッタ M92F その1 »