2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« ウエスタンアームズ スプリングフィールドアーモリー ミルスペック その6 | トップページ | CYMA AK74 その3 »

CYMA AK74 その2

12102201


CYMA AK74 の途中経過です。今回は主にメカボです。


12102202


初めてのVer3メカボックスです。CYMA製のメカボックスはA&K製に比べて非常にキレイです。表面処理はなかなか美しい仕上がりです。内部の写真はありませんが、ギア部分に例の緑グリスがたっぷり、分厚く塗られていました。一部、固まっていたくらいです。しかし、ピストン部には別の黒いグリスが薄っすら塗られているだけでした。また、ピニオンはシリコングリスでしょうか白いグリスが使われていました。緑グリスが一掃されるのも時間の問題なのかもしれません。作業としてはグリスをクリーナーで洗い流して、タミヤのモリブデングリスを塗ってます。シム調整は元からできていますので、そのままです。


12102203


内部調整前は、初速:83m/s、サイクル:6.3発/秒でした。ギアに問題があるように思えませんでしたので、モーターを交換しました。毎度大好き、G&P M120ショートタイプです。モーター交換後は、初速に変わりはなく、サイクルは16.7発/秒程度にUPしています。ちなみにM120モーターはオクで1.5Kでした。


12102204


あとは外装を少しずつ進めています。フロント部のパーツをブルーイングしている状態です。相変わらずブルーにはならないので染めているだけですけども。


12102205


ここで作業中断ということで組みました。ハイダーはナイツ05に交換しました。フロントサイト、ガスブロックは上で黒染めしたものです。


12102206


いつもDEばっかりなんで、ODでいこうと思います。ハンドガード、グリップ、ストックを塗装しました。また、タミヤのウエザリングマスター C で凹部に土を表現しています。この後、ハンドガード、グリップ、ストックは再塗装します。フレームはまったく手付かずなので、塗装、黒染めで進めていきたいと思います。

« ウエスタンアームズ スプリングフィールドアーモリー ミルスペック その6 | トップページ | CYMA AK74 その3 »

トイガン:AK74」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウエスタンアームズ スプリングフィールドアーモリー ミルスペック その6 | トップページ | CYMA AK74 その3 »