2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« CYMA AK74 その2 | トップページ | ドイツ兵 »

CYMA AK74 その3

12103001


CYMA AK74 の途中経過です。ほぼ完成のレベルですが細かい部分で作業が残ってます。

12103002


全体です。このAKはCM031という型番なんですが、スポーツラインという廉価版です。廉価版でどこまで存在感を出せるか、を目標にしてみました。このAK74は「ロシアの田舎で狩猟に使われている古いAK」をイメージとしています。半分は後付けですけど。


12103003


廉価版だけあって、リアサイト下部、レシーバーがプラ製です。よって軽いです。ちなみにレシーバーカバーは金属です。が、塗料のねばり気がすごく、また異常な厚塗りで1mm程度あるかも知れません。リムーバーで塗装が剥がれず、ヤスリで削り落としてます。ペンキを塗ってるんじゃないかと想定してます。


12103004


フロント廻りです。染めては落として4回目にしてやっとここまで染まりました。疲れたので今回はこれで良しとしますが、どうやってこの色になったのか覚えていません。再現不能です。対してアウターバレルは1回でこの色に。何が違うのかわかっておりません。


12103005


ハンドガードです。ダークグリーンを基本色として凸部にフィールドグレイ、凹部にオリーブドラブを吹いてます。フィールドグレイはダークグリーンを微妙に白っぽくしたような色でわかりにくいですね。3枚目の写真の方が良いかも。ただ、色を重ねるとより雰囲気がでると思ってます。


12103006


レシーバーです。レシーバーカバーはアルミのプレスかと思います。レシーバーは前述の通りプラ。トリガーガードはスチールでした。レシーバーカバーとレシーバーの色は合わせるということで両方とも塗装です。フロントの金属パーツの色に合わせるべくブラウンっぽいブラックにしてあり、下地はシルバーを塗ってます。反対側にあるセレクタレバーはスチール製で色は染め、トリガーガードも染めですが、フロント以上にヘタクソです。グリップはハンドガードと同色です。


12103007


マガジンです。少し使い込んだ感じを出すため、ジャーマングレイを部分的に吹いてあります。ブラックの色落ちを表したかったんですが、ちょっとわざとらしくなっちゃいました。修正したいと思います。


12103008


ストックもハンドガードと同じ塗装です。写真にある通り、少し塗装ハゲなどもあるので修正の上、完成にしたいと思います。ちなみにバットエンド部は塗装することもなく染めることもなく、まんまです。つまり、忘れてました。

ということで、ほぼ完成の途中経過でした。

« CYMA AK74 その2 | トップページ | ドイツ兵 »

トイガン:AK74」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« CYMA AK74 その2 | トップページ | ドイツ兵 »