2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« KSC SIG SAUER P230JP HW その3 | トップページ | A&K MAGPUL MASADA ACR その2 »

A&K MAGPUL MASADA ACR その1

11081401
久しぶりの長物を手に入れました。A&K MASADA ACR です。MAGPUL公認とのことでホログラムシールが貼り付けられています。
 
 

11081402
実銃ではブッシュマスターとレミントンが開発を続けるACRですが、トイガンではA&KとMAGPULが製造しています。ただし、A&Kが消えたようなので、現時点でのトイガンはMAGPUL製からのみ供給されているようですね。
 
 
11081403
マガジンは窓付きで、ゼンマイ巻きの300連です。特に刻印はありません。ストックは7段のリトラクタブルストックです。
 
 
11081404
ストックは折りたたみ式で、思ったより固定されます。ただし、イジェクションポートに被るため、ストックをたたんだ状態では射撃はできないですね、実銃では、ですが。
 
 
11081405
MAGPUL PTSのマークです。やっぱり、PTSなんですね。また、プリントですが実銃では刻印みたいです。この辺の細かい違いはご愛嬌って所でしょうか。
 
 
11081406
リアサイトです。MATECHの600mBUISタイプが付属しています。固定にヘックススクリューを使うんですが、ねじ込んでいる最中に折れました...スクリューが。やむなくホームセンターでM3ピッチ0.5、長さ30mmを調達してきました。びっくりしました。また、折りたたみ式のリアサイトの固定が甘く、少しの衝撃で立ち上がってしまいます。工作精度はあまり良くありません。
 
 
11081407
フロントサイトです。折りたたみ式でサイドのボタンを押して立ち上げます。ある程度の調整はできそうです。
 
 
総じて、価格(\18K)のわりには良く出来たライフルかと思います。
 
 

« KSC SIG SAUER P230JP HW その3 | トップページ | A&K MAGPUL MASADA ACR その2 »

トイガン:MASADA」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« KSC SIG SAUER P230JP HW その3 | トップページ | A&K MAGPUL MASADA ACR その2 »