2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 東京マルイ 次世代 G36K その9 | トップページ | 東京マルイ 次世代 G36K その10 »

au IS03 その7

10122601
他のサイトにもたくさん書かれていますが、IS03のスクリーンキャプチャする方法を備忘録として書いておきます。まず、Java JDKをORACLEのサイトからダウンロード、インストールします。
 
 

10122602
続いてAndroid SDKをダウンロード、インストールします。installer_r08-windows.exeを選択しました。
 
 
10122603
Android SDKをインストールしたフォルダを環境変数に設定します。[コンピュータ]のプロパティ→[システムの詳細設定]→[環境変数]ボタンを押して、[システム環境変数(S)]の変数[Path]を選択します。[編集]ボタンを押してインストールしたフォルダを設定します。私の場合は「;D:\Program Files\Android\android-sdk-windows\platform-tools;D:\Program Files\Android\android-sdk-windows\tools」を設定しました。
 
 
10122604
IS03側の設定を行います。[設定]→[アプリケーション]→[開発]を選択します。[USBデバッグ]をONにします。ついでに[スリープモードにしない]もONにしておきます。
 
 
10122605
D:\Program Files\Android\android-sdk-windows\platform-toolsにある「ddms.bat」を起動します。この時、adb.exeが起動できない旨のメッセージが出る場合、先の環境変数の設定がうまく出来ていません。ddms.batを起動して[Name]欄にあるデバイス名称を選択し、[Device]→[Screen capture...]を選択すると、IS03の画面がキャプチャできます。
 
 
10122606
これでIS03を写真にとらなくで良くなりました。よかった、よかった。
 
 

« 東京マルイ 次世代 G36K その9 | トップページ | 東京マルイ 次世代 G36K その10 »

Windows」カテゴリの記事

携帯電話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京マルイ 次世代 G36K その9 | トップページ | 東京マルイ 次世代 G36K その10 »