2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« マルゼン ワルサー P38 その1 | トップページ | 東京マルイ コルト ガバメント M1911A1 その6 »

マルゼン Vz61 スコーピオン その1

10061401
マルゼン Vz61 スコーピオン です。マルゼン M11 のリコイルに惹かれて、続いて購入したガスサブマシンガンです。ちなみに実銃はチェコ兵器廠国営会社で作られているんだそうです。
 
 

1006140210061403
実はマルゼンがスコーピオンのガスガンを出していることを知らずに店に行きましたら、売ってました。ほほー、ということで家につれて帰ってきた次第です。一見するとヘビーウェイト素材?という感じの塗装がされていて、プラ感がほとんどありません。グリップも木製のようです。あえて探したら、リアサイトがプラそのままでした。
 
 
1006140410061405
撃ち味は、M11程のリコイルはありませんが、M11と違ってボルトストップがしっかり掛かります。ストックを伸ばした状態ではすこぶる構えやすい銃になってます。気になる点としては、セレクタレバーの動きが軽すぎることくらいでしょうか。装弾数は30発(実銃30発)、重さは1056g(1280g)で、ほぼ実銃通りってところです。
 
 
さすがにサソリの名前通りの姿をしています。なかなか高級感のある仕上がりになっています。これからの季節、特にお勧めですね。
 
 

« マルゼン ワルサー P38 その1 | トップページ | 東京マルイ コルト ガバメント M1911A1 その6 »

トイガン:Vz61」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マルゼン ワルサー P38 その1 | トップページ | 東京マルイ コルト ガバメント M1911A1 その6 »