2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« マルゼン Vz61 スコーピオン その2 | トップページ | マルゼン Vz61 スコーピオン その3 »

マルゼン ワルサー P38 その2

10062201
マルゼン ワルサー P38 と タナカ ルガーP08 の2ショットです。どちらもドイツ第三帝国の拳銃ということで並べてみました。
 
 

1006220210062203
マズル廻り、テイクダウンレバーは良く似ていますが、時代でしょうか。P08が1908年、P38が1938年にドイツ軍に正式採用されていますから、30年も離れていて、現代の視点では時代とは言いにくいですね。または昔はそれだけ時間が流れるスピードが遅かったのでしょうか。
 
 
1006220410062205
非常に細身であるP08は手が余る感じですが、P38はしっくりとしたグリップ感です。また、P38はセイフティレバーでデコッキングできるんですね。初めて知りました。
 
 
ドイツ第三帝国の代表的な拳銃が揃いました。でも、P38はルパンⅢ世の印象が強すぎて、ドイツ軍の拳銃って感じがしないんですよね。
 
 

« マルゼン Vz61 スコーピオン その2 | トップページ | マルゼン Vz61 スコーピオン その3 »

トイガン:P08」カテゴリの記事

トイガン:P38」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マルゼン Vz61 スコーピオン その2 | トップページ | マルゼン Vz61 スコーピオン その3 »