2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« KSC M8000 クーガーF その5 | トップページ | 東京マルイ コルト パイソン その2 »

東京マルイ コルト ガバメント M1911A1 その5

10041601
東京マルイ ガバメントベース デルタエリート です。マルイ ガバメントはスライド、フレームともにブラスト処理されており、スライドと色合いが異なることが気になっていました。今回タニオコバのタクティカルフレームに交換して色合いを統一します。
 
 

10041602
タニオコバのタクティカルフレームです。ヘビーウェイト素材ということですが、思ったより重量感はありません。出来はシャープで、かつマットブラック、刻印なし、と当方のニーズ通りのブツとなります。タクティカルフレームの最大の特徴はグリップ前部のチェッカリングですが、ワンピースグリップを付けると見えなくなります。
 
 
10041603
と、いうことでバラバラにしてフレームをお引越しします。マルイ ガバメントはパーツが少ないので、比較的ラクな作業なんでしょうが、私には...です。
 
 
1004160410041605
組みあがった状態です。パーツの整合性はバッチリです。すり合わせの必要もありませんでした。ビバ!!タニオコバ!!
 
 
1004160610041607
マルイ ガバメント オリジナルフレームとの比較です。色合いの違いを見ていただけると思います。実は色合いより気になっていたのは刻印でした。右の写真にある刻印です。これがなくなって、かつマットブラックになったことでスッキリしました。
 
一番気になっていたフレームのカスタムは終了です。残りはハンマー、アウターバレルとなりましたが、ボチボチ進めていきたいと思っています。
 
 

« KSC M8000 クーガーF その5 | トップページ | 東京マルイ コルト パイソン その2 »

トイガン:M1911」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« KSC M8000 クーガーF その5 | トップページ | 東京マルイ コルト パイソン その2 »