2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 東京マルイ コルト ガバメント M1911A1 その1 | トップページ | 東京マルイ コルト ガバメント M1911A1 その3 »

東京マルイ コルト ガバメント M1911A1 その2

10032301
東京マルイ ガバメント の細部を見てゆきます。刻印は打刻だそうで、大変シャープな出来です。
 
 

1003230210032303
裏面です。KSC ガバメントにもあるのですが、銃?を2挺組み合わせたような図柄は何でしょう?どなたかご存知の方がいたらお教えください。マルイの銃にしては「TOKYO MARUI MADE IN JAPAN」の文字が控えめであることが特徴です。本来この位置には「UNITED STATES PROPERTY」となる部分でしょうか?
 
 
1003230410032305
スライド上面です。リアサイトが別パーツのようです。KSC、タナカ、MGCは一体だったので、意外な部分でした。チャンバー部には「P」と「H」でしょうか、刻印があります。アウターバレルがブラスト処理されていないため、チャンバーとスライドの色の違いが極端に出ています。アウターバレルの処理がマルイ ガバメントの一番いただけない部分かと思います。
 
 
1003230610032307
トリガーとマズル部です。トリガーにはチェッカーが入っています。KSCよりも少し深めのチェッカーです。マズル部では、バレルの肉厚が薄いかも知れませんね。ライフリングの表現も少し控えめな感じがします。
 
 
1003230810032309
セイフティの突起部の表現が各社ごとに違うように思います。垂直な突起になっていたり、なだらかになっていたりで、各社違って見えますね。世に出て100年にもなろうという銃ですから、製造時期によって違うのかもしれませんね。
 
 
細部を見てきましたが、パーティングラインは処理されている、金属パーツの染めもしっかりしていて、ハイキャパとは一線を画す出来です。唯一の不満はアウターバレルですが、カスタムパーツも多く出ており、解決可能でしょう。
 
 

« 東京マルイ コルト ガバメント M1911A1 その1 | トップページ | 東京マルイ コルト ガバメント M1911A1 その3 »

トイガン:M1911」カテゴリの記事

コメント

>銃?を2挺組み合わせたような図柄は何でしょう?
スプリングフィールドアーモリーの刻印です。また、交わっているのは青銅砲です。
スプリングフィールド国営造兵廠と言ったほうが正しいでしょうけど・・・
M14やM1911A1などを製造していた私の好きな銃器メーカーです!!

そうですか、あの、スプリングフィールドアーモリーの刻印でしたか。しかも銃ではなく青銅砲だったんですね。歴史を感じます。
不勉強の限り、お恥ずかしい限りです。ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京マルイ コルト ガバメント M1911A1 その1 | トップページ | 東京マルイ コルト ガバメント M1911A1 その3 »