2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« オークリー グローブ | トップページ | KSC コルト ガバメント M1911A1 その6 »

東京マルイ G17 カスタム フォリッジグリーン その4

10021101
G17とG34を外観から簡単に比較してみます。東京マルイのG17諸元は、全長:186mm、重量:735g、装弾数:25+1発。KSC G34諸元は、全長:223mm、重量:850g、装弾数:23+1発。
 
 

1002110210021103
Wikiによると、実銃のG17諸元は 全長:186mm、重量:703g、装弾数:17+1発。G34の諸元は 全長:207mm、重量:728g、装弾数:17+1発です。
例によって、G34の全長の違いはスライド長とグリップエンドまでの長さの違いです。重量は、KSC G34がヘビーウェイトなので少し重めになっているんでしょうか?または、マガジンを含んでいるのかも知れません。
 
 
1002110410021105
写真の通り、刻印の差はフレームのグロックマークがあるか、ないかです。質感はG19同様にKSC G34が良く、さらにG34の撃ち味は手持ちの拳銃の中で最も良いです。なかなかG34を超える拳銃に出会えないのですが、良いガスガンはないものでしょうか?
 
 

« オークリー グローブ | トップページ | KSC コルト ガバメント M1911A1 その6 »

トイガン:G34」カテゴリの記事

トイガン:G17」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オークリー グローブ | トップページ | KSC コルト ガバメント M1911A1 その6 »