2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 東京マルイ 次世代 G36K その2 | トップページ | 東京マルイ 次世代 M4A1 その11 »

東京マルイ G17 カスタム フォリッジグリーン その1

10011101
遅ればせながら今年はじめてのブログ更新です。皆様良いお年をお迎えになりましたでしょうか。今年初めてのエアガンは、東京マルイ G17 カスタム フォリッジグリーン となりました。思えば、昨年の発売直後に購入に行ったつもりが、KSC USP Tactical を購入したりしてましたが、遂に手元にやってきました。
 
 

10011102
 G17 カスタム の特徴は、1)フレームカラー、2)クーリング・ホール、3)エクステンディド・サムレスト、4)マグウェル、5)マガジンバンパーの5箇所になります。フレームはオリーブドラブに近い色です。塗装ではなくABS自体に着色してあり、少しテカり気味です。マットブラックに塗装されたスライドとトーンがイマイチ合いません。
 
 
10011103100111031
クーリング・ホールはスライド上面に5個の穴が開いています。実銃では冷却効果と軽量化を目的としますが、ガスガンでは無論効果はありません。ただ、このクーリング・ホールはきれいに処理されており、見た目の効果が充分にあります。残念なのはアウターバレルのパーティングラインでクーリング・ホールから見えてしまいます。
 
 
1001110410011105

サムレストは、ビーバーテイルを兼ねており、グリップ感も悪くありません。単純な形をしたパーツですが効果はありそうです。マグウェル、バンパーは写真の通りです。マグウェルってパーツだけ見ていてもわかりづらいですが、本当にマガジンが入れやすくなるんですね。ここまで良くなるとは思いませんで、少し驚きました。
 
 
銃の性能はマルイ品質です。まったく問題なく、小気味良いブローバックとリコイル感、一言で安心、です。あえてカスタマイズするなら、アウターバレルのパーティングライン処理、フレームのつや消し化、と言う所でしょうか。また今度、挑戦したいと思います。
 
 

« 東京マルイ 次世代 G36K その2 | トップページ | 東京マルイ 次世代 M4A1 その11 »

トイガン:G17」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京マルイ 次世代 G36K その2 | トップページ | 東京マルイ 次世代 M4A1 その11 »