2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 東京マルイ 次世代 M4A1 その10 | トップページ | 東京マルイ 次世代 G36K その2 »

東京マルイ 次世代 G36K その1

09122901
東京マルイ 次世代 G36K です。次世代機はバリエーションばかりだったので、久しぶりの新機種で登場を楽しみにしていました。AK74MN、M4A1とまったく異なる形状とバランスが非常に新鮮です。
 
 

0912290209122903

取扱説明書によると、全長880mm/615mm、重量3,050gとなっています。AK74MNが943mm/700mm、3,400gで、M4A1は854mm/777mm、2,970gです。G36Kはちょうど中間的なサイズとなっていますが、バランスが良いせいでしょうか、重くは感じません。
 
 
0912290409122905

 AK74MN、M4A1とも金属フレームですが、G36Kのフレームは樹脂製のようです。その割りに重さがあるのは以外でした。持ち帰ってくる際も重い、重い。G36Kの特徴はキャリングハンドルの形状だと思いますが、樹脂製なのに非常にしっかりしています。キャリングハンドルには、最大のウリである3倍スコープがビルトインされており、これが大変見やすく出来ています。30m先のマンターゲットなら充分ヒット出来そうです。
 
 
0912290609122907

撃ち味は、さすがに最新次世代機だけあって、スコープに写るターゲットにBB弾が吸い込まれてゆく大変楽しいものです。また、AK74MN、M4A1よりサイクルが上がっているように感じます。リコイルも少し強くなっているのではないでしょうか。次はG36のバリエーションが出るんでしょうか、MG36なんてどうでしょうね。
 
 

« 東京マルイ 次世代 M4A1 その10 | トップページ | 東京マルイ 次世代 G36K その2 »

トイガン:G36」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京マルイ 次世代 M4A1 その10 | トップページ | 東京マルイ 次世代 G36K その2 »