2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« KSC STI FALCON 3.9 その1 | トップページ | タナカ SIG SAUER P228 その1 »

BRAVIA KDL-40V1用の動画変換

09090643
 
 
 
 
 
久しぶりのDLNAネタです。ウチではDLNAクライアントをPlayStation3としていますが、ふとBRAVIAをDLNAクライアントとした場合の動画変換をしてみようと思い立ちました。本格的に使う訳ではありませんが、作成方法を記載します。
 
 

変換用の動画は、640×480ドット、1分22秒、アスペクト比は4:3、フォーマットはMP4です。アウトプットは、720×480ドット、アスペクト比を16:9、フォーマットをmpeg2とします。エンコードは、常用している XviD4PSP を使います。
 
 
0909064109090642
 
XviD4PSPの画面です。[Open]で入力ファイルを指定し、[Format] に [MPEG2 NTSC]を指定します。アスペクト比の設定は上部メニューにある[Video]-[Resolution/Aspect...]を選択し[Resolution/Aspect]画面を出します。この中の[Output aspect:]を変更し[OK]ボタンを押します。最後に[Encode]ボタンを押して作業終了です。
 
結構、簡単に出来るんですが、BRAVIAで再生した所、720×480ドットでは映像が荒れますね。PlayStation3ならアップスキャンコンバータが働いているんだろうと思いますが、映像の荒れは少ないように感じます。
 
今回は備忘録ということで。
 
 

« KSC STI FALCON 3.9 その1 | トップページ | タナカ SIG SAUER P228 その1 »

Windows」カテゴリの記事

DLNA」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« KSC STI FALCON 3.9 その1 | トップページ | タナカ SIG SAUER P228 その1 »