2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« KSC G34 スライドウルチメイト その1 | トップページ | KSC コルト ガバメント M1911A1 おまけ »

KSC コルト ガバメント M1911A1 その1

0908090109080902
 
 
 
 
KSC M1911A1コマーシャルミリタリーです。モデルガンを含めて3丁目のガバメントとなります。米軍正式拳銃として昔から好きな拳銃です。約60年も米軍正式拳銃として使用されており、ガバメントを持った有名俳優は多数いると思いますが、私はやはり銭形警部を一番に推したい。
 
 

0908090309080904
 
 
 
 
さて、KSC M1911A1コマーシャルミリタリーですが、東京マルイのM1911と同時期に発売されたとか。当然、価格はKSCが高い、と思いきや定価では東京マルイが高いんだそうです。KSCとしては低価格商品(戦略商品ということになるんでしょうか?)に該当するみたいですね。やっぱりガバメントは特別な存在なんでしょう。
 
また、KSC M1911A1でおもしろいのはマガジンで、実銃と同じく「シングルカラム(装弾数:14発)」です。サバゲなどでの使用は優先事項ではない設計思想が垣間見えます。ちなみに東京マルイのガバメントは装弾数:26発、デトニクスですら18発です。
 
 
0908090509080906
 
 
 
 
最後に撃ち味ですが、銃身が長めなせいか発砲時に少し銃口が上がりますが、強いリコイルという訳ではありません。ブローバックも早い印象はありません。ポンッ、ポンッという感じで弾が飛んで行きます。可もなし不可もなしと言った所ではないでしょうか。尚、このガバメントはインナーバレルとリコイルスプリングがPDIの物になっています。
 
 
09080907我々ユーザーに対し、ガバメントに関してウェスタンアームズ以外の選択肢をKSCと東京マルイが用意した、と言えると思います。また、東京マルイがサバゲも念頭に置いたのに対し、KSCはお座敷シューターを視野に入れたものと考えられます。で、お座敷シューターの私はKSCを選択する訳です。いずれにせよ、選べる環境っていいですね。
 
 
 
 


« KSC G34 スライドウルチメイト その1 | トップページ | KSC コルト ガバメント M1911A1 おまけ »

トイガン:M1911」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« KSC G34 スライドウルチメイト その1 | トップページ | KSC コルト ガバメント M1911A1 おまけ »