2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 東京マルイ SIG SAUER P226R サンドブラスト | トップページ | KSC コルト ガバメント M1911A1 その1 »

KSC G34 スライドウルチメイト その1

0908011109080112
 
 
 
 
KSC G34です。スライドに「ウルチメイトブラック工法」を施し、美しい仕上げの拳銃です。また、スライド、フレームともヘビーウェイト素材です。重量も800gでしっかりあります。とにかく仕上げが良いです。
 
 

0908011309080114
 
 
 
 
グロックの拳銃は、何やらノッペリしている印象があり、持ちたいと余り思わなかったのですが、実物を手に取ってみると良い点が見えます。特にリコイルは手持ちの物では最高で「撃って楽しいエアガン」です。無骨さがなくスマートを絵に描いたようなG34がこんなに良いリコイルをするとは驚きでした。見た目ではわかりませんね。一応、標的に向かって打ってみましたが、集弾性もなかなか良いようです。(5mでしか試していませんが)
 
 
0908011509080116
 
 
 
 
実は最初に困ったのが、ガスの入れ方でマガジンの底に注入口がないんです。どうするのかと思ったらマガジンの底板をズラすと注入口が現れるんです。KSCならではのリアリティの追求ですね。
 
 
0908011709080118
 
 
 
 
ちなみにハンマーがない拳銃もはじめてで、コッキングはトリガーの位置で示します。左がデコッキング状態、右がコッキング状態です。でもデコッキングレバーはないのかしら。
 
 
 

« 東京マルイ SIG SAUER P226R サンドブラスト | トップページ | KSC コルト ガバメント M1911A1 その1 »

トイガン:G34」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京マルイ SIG SAUER P226R サンドブラスト | トップページ | KSC コルト ガバメント M1911A1 その1 »