2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

東京マルイ ハイキャパ4.3 その1

09083111_2
 
東京マルイ ハイキャパ4.3です。とうとうカスタムガバに手を出した、訳ではなく、良い評判なので手に入れてみました。
 

続きを読む "東京マルイ ハイキャパ4.3 その1" »

タニオコバ・マルゼン USP .40 S&W その2

0908300109083002
 
 
 
 
この所、ちょっと調子の悪かったタニオコバ・マルゼン USPです。何が悪いかと言うと、10発に1~2発、トリガーは落ちるものの、ガスが「ぷしゅ...」となります。7月30日に発売になった「トイガン解体新書」を見ながら分解、調整することにしました。分解するついでに、リペイントして「くたびれ感」を払拭したいと思います。
 
 

続きを読む "タニオコバ・マルゼン USP .40 S&W その2" »

KSC G19 その2

09082908
 
 
 
G19を基準に比較してみます。
 
 
090829010908290209082903
 
 
 
 
 
まず、同じコンパクトサイズの拳銃であるUSPコンパクト(KSC製)と比較してみます。全長、全高、全幅の見た目に違いはありません。(全長:G19=174mm、USPコンパクト=173mm)ただし、USPコンパクトのトリガーガードが大きいため、小指がフィンガーレストに乗ってしまいますが、G19はグリップに小指まで乗せられます。

次にG34との比較です。
 
 

続きを読む "KSC G19 その2" »

KSC G19 その1

0908230109082302
 
 
 
 
KSCのG19です。先に入手しましたG34が良かったので、続いて購入しました。このG19はフレームがヘビーウェイト、スライドがABSで出来ています。
 
 

続きを読む "KSC G19 その1" »

KSC コルト ガバメント M1911A1 その4

0908160109081602
 
 
 
 
前記事と同時にFIREFRYのロケットバルブを入手していました。これも「出物」です。今回はこのロケットバルブを組込みます。左がパーツの状態、右が組上げたロケットバルブです。
 
 

続きを読む "KSC コルト ガバメント M1911A1 その4" »

KSC コルト ガバメント M1911A1 その3

0908130109081302
 
 
 
 
FIREFRYのベアリング付リコイルスプリングガイドです。リコイルプラグとリコイルスプリングが付いています。散歩中に出物を見つけて購入しました。
 
 

続きを読む "KSC コルト ガバメント M1911A1 その3" »

KSC コルト ガバメント M1911A1 その2

0908121109081212
 
 
 
 
KSC M1911A1です。刻印など細かい部分も撮れるようになったので、撮影し直してみました。ピントが行くようになるとキズも写ってしまいますが。
 
 

続きを読む "KSC コルト ガバメント M1911A1 その2" »

東京マルイ SIG SAUER P226R その3

0908120109081202
 
 
 
 
東京マルイ SIG SAUER P226R サンドブラスト です。以前の記事より、もう少し写真を改善してサンドブラストの具合を見ていただこうとの主旨でしたが…

続きを読む "東京マルイ SIG SAUER P226R その3" »

KSC G34 スライドウルチメイト その2

0908111109081112
 
 
 
 
KSC G34スライドウルチメイトです。以前の記事と銃の変更はありません。ただ、写真の質を若干向上させ、以前の記事に書きました「仕上げの美しさ」をお伝えしたいと思った次第です。
 
 

続きを読む "KSC G34 スライドウルチメイト その2" »

KSC USP Compact その3

0908110109081102
 
 
 
 
KSC USP Compactです。以前の記事と銃に変化はありません。何が変わったかと言うと撮影環境で、三脚を導入しました。

続きを読む "KSC USP Compact その3" »

KSC コルト ガバメント M1911A1 おまけ

0908090809080909
 
 
 
 
 
 
 
 
手持ちのガバメントを並べてみました。上からKSC:ガスガン、MGC:モデルガン、タナカ:ガスガンです。外観の違いはやっぱり質感ですね。操作時の違いを一応書いておきますと、KSCガバメントのスライド操作は滑らかかつ繊細、トリガープルも軽~くスムーズです。古すぎる機種と比較するものではありませんが。
 
 

KSC コルト ガバメント M1911A1 その1

0908090109080902
 
 
 
 
KSC M1911A1コマーシャルミリタリーです。モデルガンを含めて3丁目のガバメントとなります。米軍正式拳銃として昔から好きな拳銃です。約60年も米軍正式拳銃として使用されており、ガバメントを持った有名俳優は多数いると思いますが、私はやはり銭形警部を一番に推したい。
 
 

続きを読む "KSC コルト ガバメント M1911A1 その1" »

KSC G34 スライドウルチメイト その1

0908011109080112
 
 
 
 
KSC G34です。スライドに「ウルチメイトブラック工法」を施し、美しい仕上げの拳銃です。また、スライド、フレームともヘビーウェイト素材です。重量も800gでしっかりあります。とにかく仕上げが良いです。
 
 

続きを読む "KSC G34 スライドウルチメイト その1" »

東京マルイ SIG SAUER P226R サンドブラスト

0908010109080102
 
 
 
 
東京マルイ  SIG SAUER P226R その② です。写真から前回との違いは(非常にわかりにくいと思いますが)サンドブラストしたスライドとフレームです。

続きを読む "東京マルイ SIG SAUER P226R サンドブラスト" »

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »