2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 武庫川一文字 08年04月06日 | トップページ | ubuntu Studio のインストール »

LibrettoL5へVineLinux4.2をインストール

08040900■やる事
 ・WindowsXPのパフォーマンス低下のためVineLinuxに入替
 ・LibrettoL5はブート可能な外部機器がないためネットワークインストールする
  (加えて、特殊な画面解像度である)
 ・無線LANを使用する
 ・WindowsXPのリカバリ用区画は維持する

■LibrettoL5の諸元
 ・フロッピードライブ:なし
 ・CD-ROMドライブ:なし
 ・画面解像度:1,280×600ドット、65,536色
 ・ビデオチップ:ATI Mobility Radeon-M
 ・その他:PXEネットワークブート可、PCMCIAカード起動可

08040904■使用機材
 ・SDカード
 ・SD用PCMCIAアダプター
 ・無線LANカード(LINKSYS WPC54GS)


08040901■VineLinuxブートイメージの作成
 ・VineLinuxダウンロードサイトより入手
  diskboot.img
 ・展開
  # dd if=diskboot.img of=/dev/sda
  (/dev/sdaはSDカードのデバイス、必要容量は7MB程度)

08040902■LibrettoL5のブート
 ・SDカードをPCMCIAアダプターにセット
 ・これをLibrettoL5にセット
 ・LibrettoL5の電源を入れ、F12キーを連打
 ・「TOSHIBA」メニューの右端の[PCMCIA]アイコンを選択
 ・VineLinuxブートメニューが表示される

08040903■VineLinuxのインストール
 ・インストール方法では[ftp]を選択
  [サイト]ftp.jaist.ac.jp
  [VineLinuxディレクトリ]pub/Linux/Vine/Vine-4.2/i386
 ・DISKパーティションは[手動]で設定、WindowsXPリカバリ区画を消さない為
 ・[テキストログイン]とする、ビデオドライバの導入が必要な為
  (ディフォルトのままだとstartxでハングアップする)

■ビデオドライバのインストール
 ・AMD(ATI)のサイトから ati-driver-installer-8.28.8.run をダウンロード
 ・# sh ./ati-driver-installer-8.28.8.run
  (色々と聞かれるが全部ディフォルトでOK)
 ・/etc/X11/xorg.confの修正
  Section "Device" の Driver "radeon" → "fglrx" へ変更
  同じく Chipid 0x7835 を追加
  Section "Screen" の Modes に "1280x600" を追加
 ・Xの起動
  # startx

■無線LANカードのファームウェア展開
 ・Sidulusのサイトから[bcmwl5.sys]をダウンロード
  http://sidulus.textdriven.com/bcmwl5sys.zip
 ・ファームウェアの展開
  # bcm43xx-fwcutter -i bcmwl5.sys

bcm43xx-fwcutter can cut the firmware out of bcmwl5.sys
filename : bcmwl5.sys
version : 3.70.22.0
MD5 : 185a6dc6d655dc31c0b228cc94fb99ac

  # bcm43xx-fwcutter -w /lib/firmware/ bcmwl5.sys
bcm43xx-fwcutter can cut the firmware out of bcmwl5.sys
filename : bcmwl5.sys
version : 3.70.22.0
MD5 : 185a6dc6d655dc31c0b228cc94fb99ac
extracting bcm43xx_microcode2.fw ...
extracting bcm43xx_microcode4.fw ...
extracting bcm43xx_microcode5.fw ...
*****: Sorry, it's not posible to extract "bcm43xx_microcode11.fw".
*****: Extracting firmware from an old driver is bad. Choose a more recent one.
*****: Luckily bcm43xx driver doesn't include microcode11 uploads at the moment.*****: But this can be added in the future...
extracting bcm43xx_pcm4.fw ...
extracting bcm43xx_pcm5.fw ...
extracting bcm43xx_initval01.fw ...
extracting bcm43xx_initval02.fw ...
extracting bcm43xx_initval03.fw ...
extracting bcm43xx_initval04.fw ...
extracting bcm43xx_initval05.fw ...
extracting bcm43xx_initval06.fw ...
extracting bcm43xx_initval07.fw ...
extracting bcm43xx_initval08.fw ...
extracting bcm43xx_initval09.fw ...
extracting bcm43xx_initval10.fw ...

 ・/etc/modprobe.confに以下の行を追加
  alias eth1 bcm43xx
080409 ・ネットワークの設定
  [デスクトップ]-[システム管理]-[ネットワークの管理]で[無線LAN接続]にSSID、WEP等を設定
 ・/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth1の作成
# Broadcom Corporation BCM4306 802.11b/g Wireless LAN Controller
DEVICE=eth1
ONBOOT=no
BOOTPROTO=dhcp
HWADDR=xx:xx:xx:xx:xx:xx
ESSID=xxxxxxxxxxxxxxx
KEY=s:xxxxxxxxxxxxx

■グラフィカルログインへの変更
 ・/etc/inittabの変更
  id:3:initdefault: を id:5:initdefault: へ変更

■GRUBの設定
 ・/etc/grub.conf に以下を追加。
 title WinXPrecovery
 root (hd0,1)
 makeactive
 chainloader +1

« 武庫川一文字 08年04月06日 | トップページ | ubuntu Studio のインストール »

Linux」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 武庫川一文字 08年04月06日 | トップページ | ubuntu Studio のインストール »